愛媛県立図書館
 
蔵書検索
横断検索
新着図書
マイライブラリ
 
                     4



1
2(3)45678
9(10)1112131415
16(17)1819202122
23(24)252627(28)29
30      
                     5
(1)23456
7(8)910111213
14(15)1617181920
21(22)2324252627
28(29)30
(31)


:休館日
 
こどものページ

子育て支援情報コーナー
医療健康情報コーナー
ヤングアダルトコーナー
ビジネス情報支援コーナー
愛媛プロスポーツアーカイブズ
図書館の刊行物
伊予史談会

雑誌スポンサー制度へのリンク

国立国会図書館ホームページへ外部リンク
愛媛県庁ウェブサイトへ外部リンク
 
325625

ミニコーナー

 
 

がん情報

国立がんセンターがん対策情報センターの冊子や、日本対がん協会のパンフレット、四国がんセンターの病院案内、『患者・家族総合支援センター』の活動のご案内などを置いています。
(一部館内閲覧用資料ですが、入手方法のご案内も行っています。)

がん情報コーナーの様子


【がん関係図書】
  1. 『がん!患者会と相談窓口全ガイド』 いいなステーション編 三省堂 2007年 (請求記号R494.5-ガン-2007) 館内利用
    がんといわれたときの情報の探しかた、全国の患者会情報、相談窓口などが紹介されている。

  2. 『がん研が作ったがんが分かる本』 ロハスメディア/編集 星の環会 2016年 (請求記号494.5-ガン-2016)
    「ロハス・メディカル」に掲載された記事を加筆修正してまとめたもの。診断と治療決定までの流れ、治療法の説明など、がん治療についての初歩から最先端情報まで解説されている。

  3. 『がんで「困った」ときに開く本 2016 』朝日新聞出版 2015年 (請求記号494.5-ガン16-2015)
    がんに関する241の疑問に一問一答形式で回答。「よくわかるがんの治療法とかかるお金」や、全国のがん診療連携拠点病院リストも掲載している。

  4. 『がんと一緒に働こう! 必携CSRハンドブック』 CSRプロジェクト/編 合同出版 2010年  (請求記号366.3-ガン-2010)
    がん罹患者の5年生存率は向上したが、サバイバーの人たちの「働き続けたい」という気持ちの受け皿はなかなか整備されないのが現状である。がんになっても働き続けるための解決策を提案する1冊。

  5. 『がんになったら手にとるガイド 患者必携 普及新版』 国立がん研究センターがん対策情報センター/編著 学研メディカル秀潤社 2013年  (請求記号494.5-ガン-2013)
    “がん”と診断されて間もない患者さんの想いに寄り添い、支えることの助けとなることを目指して、国立がん研究センターがん対策情報センターがまとめた1冊。旧版(2011年3月発行)の内容を拡充。

  6. 『日本のがん対策 「今、何をするべきか」がわかる本』 今井博久/編著 サンライフ企画 2012年 (請求記号494.5-イヒ-2012)
    日本のがん対策推進における予防から臨床、緩和、がん患者就労支援やがん教育に至るまで包括的に解説。特に、都道府県のがん対策を効果的で効率よく進めるための計画策定や実践方法に焦点をあてている。

  7. 『病気になった時に読む がん闘病記読書案内』 闘病記専門古書店パラメディカ+闘病記サイト ライフパレット/編 三省堂 2010年  (請求記号494.5-ビヨ-2010)
    主ながんを14の部位に分け代表的な闘病記とネット闘病記を紹介している。

  8. 『末期がんを「家」で看とってくれる医療機関 全国版』 川越厚/編著 保健同人社 2006年 (請求記号R494.5-カコ-2006)館内利用
    在宅ホスピスケアを支える全国の医療機関が紹介されている。

  9. 『もしも、がんが再発したら』国立がん研究センターがん対策情報センター/編著 英治出版 2012年 (請求記号494.5-モシ-2012)
    再発がんの体験者とがんの専門家が集い、再発という事態に直面した方に情報を提供し、これからの治療や生き方を決めていくためのお手伝いをする目的でつくられた本。

  10. 『やさしい腫瘍学』小林正伸/著 南江堂 2014年 (請求記号494.5-コマ-2014)
    長年のがん研究によって明らかにされてきたがんの本態を理解しやすい形にまとめ、「がんの病態」「がんの診断」「がんの治療」に関する最新の知見をわかりやすく解説する。

  11. 『わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋』 国立がん研究センターがん対策情報センター/編著 日経BP社 2013年 (請求記号494.5-ワタ-2013)
    がん患者、家族、職場、医療機関、地域の支援者らが「がんと共に生きること、働くこと」について語った内容をまとめたもの。がんと共に生きる人も、健康な人も、互いの立場や状況を理解し支え合う社会を目指すための道しるべになることを願ってつくられた本。

※がん関係図書は、がん全般に関するものは「494.5」に、部位別のがんに関するものは各部位の分類に入っています。
分からないときはカウンターの職員にお尋ねください。

【がん情報リンク集】
全国の医療健康情報リンク集 がん関係もあわせてご覧ください。
 

メンタルヘルス

以下の機関・団体からご提供いただいたパンフレットを置いています。
団 体 名パ ン フ レ ッ ト
愛媛県心と体の健康センター「こころの相談のご案内」
愛媛いのちの電話

「話してみませんか?」

NPO法人松山自殺防止センター「あんたちょっと話していかんかな。」
「いきるEhime」
被害者支援センターえひめ「支援しますあなたのこころの友として」
NPO法人こころ塾「来るだけで、ホッとできる場所」

患者会・家族会から寄贈いただいている資料もあります。
詳細は患者会資料コーナーをご覧ください。(患者会リンク集あります)
 

福祉関係

以下の機関・団体からご提供いただいたパンフレットを置いています。
団 体 名パ ン フ レ ッ ト
愛媛県視聴覚福祉センター 利用のご案内、点字図書館のご案内 、点字出版ご案内、聴覚障害者情報提供施設ご案内、聴覚障害者情報提供施設ご案内、聴能訓練ご案内 
日本盲導犬協会「盲導犬に会ったよ!!」
日本介助犬協会「SERVICE DOG 日本介助犬協会のご案内」
日本聴導犬協会「日本聴導犬協会」 

患者会・家族会から寄贈いただいている資料もあります。
詳細は患者会資料コーナーをご覧ください。(患者会リンク集あります)   
 

患者学

自分の病気について自ら調べ、質問するスキルを身に付けるための本を置いています。
医学図書館も活用しましょう。

患者学① 医療情報を集めるための本図書リスト:本の調べ方案内のページ)
患者学② 病院の選び方、かかり方の本図書リスト:本の調べ方案内のページ)
患者学③ 「病院のことば」を説明する本図書リスト:本の調べ方案内のページ)

一般の人が利用できる医学図書館】
愛媛大学図書館医学部分館 学外の方へ
愛媛県立医療技術大学図書館 学外の方へ ご利用案内
 
コンテンツの一部はPDFで提供しております。PDFの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。下のバナー画像のリンク先からダウンロードして下さい。
Adobe Readerダウンロードサイトへのリンク
 

お問い合わせ

一般図書室(相談グループ)
愛媛県松山市堀之内(〒790-0007)
電話:089-993-6243(一般図書室直通)・089-941-1441(代)
Fax:089-941-1454
soudan@libnet.ehimetosyokan.jp