愛媛県立図書館
 
       11月
1(2)34567
8(9)
1011121314
15(16)1718192021
2223(24)2526(27)28
29(30)




       12月


(1)(2)(3)(4)(5)
(6)(7)
(8)(9)(10)(11)(12)
(13)(14)1516171819
20(21)
222324(25)26
27(28)(29)(30)(31)

:休館日
※12月1日から13日は、「図書館システム更新」に伴う休館
 
こどものページ

子育て支援情報コーナー
医療健康情報コーナー
ヤングアダルトコーナー
ビジネス情報支援コーナー
愛媛プロスポーツアーカイブズ
図書館の刊行物
伊予史談会

雑誌スポンサー制度へのリンク

国立国会図書館ホームページへ外部リンク
愛媛県庁ウェブサイトへ外部リンク
 
3915286
トップ > 利用案内> お探しの資料がないとき 

お探しの資料がないとき

掲載日 : 令和2年(2020年)2月20日(更新)
 

貸出中の図書・雑誌の予約

当館の図書・雑誌が貸出中の場合、予約をかけることができます。返却された際には、電話、または登録済みの電子メールへ連絡いたします。また、MYライブラリでも確認できます。

 (1) 冊数

  • おひとり一度に5冊 (または5点) まで受け付けします。ただし、大型資料は3冊 (または3点) までです。
    大型資料とは、次の資料を指します。
    大型絵本、大型紙芝居、大型絵本スタンド、大型紙芝居舞台、エプロンシアター、パネルシアター及びパネルシアターステージ
(2) 予約方法
  • 来館  (所定の申込用紙、窓口、館内蔵書検索端末のMYライブラリメニュー)
  • 電話
  • 県立図書館ホームページ  (MYライブラリ)
(3) 備考
  • MYライブラリを利用するには、所定の申込用紙による仮パスワードの登録が必要です。
  • 予約の際は利用カード番号が必要です。利用カードをお持ちでない方は、予約できません。
 ホームページでの予約手続き方法等、詳細は「予約」のページをご確認ください。
リンク「予約」

 

 

図書の購入希望

当館にない図書の購入を検討します。ご来館のうえ、所定の申込用紙をご提出ください。

収集方針に合わない場合、お断りすることがありますのでご了承ください。また、本の提供までには1か月から3か月かかります。

雑誌などの逐次刊行物、音声資料、映像資料の購入希望は、受け付けておりません。
 
 

県内の図書館の所蔵案内

お住まいの市町やその近隣の市町立図書館に目的の図書があるか調査します。また、その図書館に関する情報も提供します。

愛媛県立図書館ホームページには、県内の公共図書館及び愛媛県立医療技術大学・愛媛大学・松山大学の蔵書を一度に検索できる「横断検索」メニューがあります。
リンク  (別ウインドウで開きます) 「県内図書館横断検索」 
 

 

松山市、伊予市、東温市、久万高原町、松前町、砥部町にお住いの方は、「まつやま圏域未来共創ビジョン」に基づく「まつやま圏域図書館の連携による協定」により、平成29年5月1日から、それぞれの市町立図書館の利用登録ができます。
登録後は、それらの図書館の資料を借りることができます。
詳細は、以下のリンクでご確認ください。
 

他の図書館からの資料借り受け

臨時休館に伴う相互貸借等の受付制限について

県立図書館は、システム更新のため、令和2年12月1日(火曜日)から12月13日(日曜日)まで休館します。これに伴い、一部のサービスの受付を次のとおり制限させていただきますので、御了承ください。

1他館からの借受け
受付休止期間 10月20日(火曜日)から12月13日(日曜日)まで
この期間は、お近くの市町立図書館にお申し込みくださいますようお願いします。

受付期間 10月18日(日曜日)まで
他の図書館から借り受けた図書を、借受期限の1か月以内に返送するため。


県内及び全国の図書館からその蔵書を借りて、提供します。ご来館のうえ、所定の申込用紙をご提出ください。
(1) 冊数
  • おひとり一度に3冊 (または3点) まで受け付けします。
(2) 借り受けできる資料
  • 発売 (刊行) 後、おおむね6か月を経過した図書または音楽CDに限ります。
  • 雑誌などの逐次刊行物や映像資料の借り受けは、受け付けておりません。
  • どこにも所蔵がない場合や、所蔵する図書館の定めや事情により、借り受けできないこともあります。
(3) 料金
  • 四国内の図書館から借り受ける場合は、無料です。
  • 四国外の図書館から借り受ける場合は、送料の一部を資料の利用時に郵便切手でご負担いただきます。
 

国立国会図書館等からのコピー取り寄せ

雑誌論文や新聞記事等のコピー (紙への電子式複写またはプリントアウト) を、国立国会図書館や全国の公共図書館・大学図書館等から取り寄せることができます。ご来館のうえ、所定の申込用紙をご提出ください。

(1) コピーを取り寄せできる資料
  • 国立国会図書館や全国の公共図書館や大学図書館等が所蔵する資料のうち、コピーが可能なもの。
  • どこにも所蔵がないために取り寄せできない場合もあります。
(2) 料金
  • 各図書館が請求する料金を、相手先にお支払いください。当館で支払書類を確認後、コピーを交付します。
(3) 到着までの期間
  • 通常は10日から2週間程度要しますが、それ以上かかる場合もあります。当館を経由するため、利用者ご自身が申し込む場合と比べて日数がかかることをご了承ください。
(4) その他
  • 資料を所蔵している図書館が、個人からの複写申込みを受け付けている場合は、利用者ご自身で取り寄せていただくようご案内します。 (国立国会図書館を除く。)
 

 

国立国会図書館のコピーは、個人でも申し込むことができます。
県立図書館を通さず直接申し込めるため来館の手間が減り、便利です。
ただし、事前に国立国会図書館へ利用者登録をする必要があります。
詳細は、一般図書室カウンターへお尋ねいただくか、国立国会図書館ホームページをご確認ください。
 

国立国会図書館デジタルコレクション(図書館送信資料)の提供

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、「図書館送信資料 (国立国会図書館の承認を受けた図書館にのみ配信されるもの) 」を利用できます。
(1) 利用できる資料
  • 図書 : 昭和43年までに受け入れた図書、震災・災害関係資料の一部 約57万点
  • 古典籍 : 明治期以降の貴重書等や清代後期以降の漢籍等 約2万点
  • 雑誌 : 明治期以降に発行された雑誌 (刊行後5年以上経過したもので、商業出版されていないもの)  約1万タイトル(約80万点)
  • 博士論文 : 平成3年度から12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの) 約12万点
  • 脚本 : 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された昭和55年以前の放送脚本 (テレビ・ラジオ番組の脚本・台本) の一部 約3千点
資料タイトルや利用方法など、詳細は、国立国会図書館ホームページをご確認ください。
リンク 「国立国会図書館ホームページ (図書館向けデジタル化資料送信サービス)

 (2) 複写
  • 著作権法の範囲内で、当館係員がプリントアウトいたします (有料)。
  • 画面撮影やデータの複製・持出し等はできません。

 (3) その他

  • 当館の「利用カード」を持っている方 (愛媛県在住・在勤・在学者) 限定のサービスです。
  • 愛媛県立図書館内の3階または4階に設置しているパソコンでのご利用となります。
  • 閲覧は無料です。
 

お問い合わせ

一般図書室(相談グループ)
愛媛県松山市堀之内(〒790-0007)
電話:089-993-6243(一般図書室直通)・089-941-1441(代)
Fax:089-941-1454
soudan@libnet.ehimetosyokan.jp