logo_min

平成27年11月1日から播磨圏域連携中枢都市圏の図書館が相互利用を開始していますが、平成28年4月から赤穂市が加わり、8市8町の37図書館、蔵書407万冊を相互利用できるようになりました。相生市・赤穂市・市川町・稲美町・加古川市・加西市・上郡町・神河町・佐用町・宍粟市・太子町・高砂市・たつの市・播磨町・姫路市・福崎町にお住まいの人なら、いずれの図書館を利用できます。このサイトは、圏域内の図書館の蔵書を横断検索できるサイトです。
 

 

8市8町相互利用の登録状況

利用方法

1.利用券の発行

 利用したい図書館で、図書館利用登録手続きを行ってください。免許証など住所がわかるものをご持参ください。

2.貸出手続き

 図書館の利用は、それぞれの図書館の規則によります。貸出冊数など、それぞれの図書館で違いがあります。

3.図書の返却

 借りた図書館へ返してください。

4.マイナンバーカードでの利用

姫路市
相生市
赤穂市
神河町
福崎町

各自治体の図書館で登録を行い、マイナンバーカードを使って図書館の利用ができます。詳細は各図書館にお尋ねください。
 

インターネット・レファレンス

カウンタ

訪問者39684

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

はりまふるさとアーカイブ

播磨圏域連携中枢都市圏連携事業の一環として郷土資料のデジタルアーカイブ事業をすすめています。平成28年(2016年)7月15日(金曜日)から公開しています。
参加市町は、赤穂市、市川町、神河町、宍粟市、太子町、たつの市、姫路市です。

姫路市の場合、城内図書館の公開資料は、古文書・絵葉書などの古写真・江戸時代以前の古地図、絵図などです。城郭研究室の公開資料は絵図・工事図面などです。

図書館ホームページの下記のURLからアクセスできます。

 はりまふるさとアーカイブ(別ウィンドウでひらきます)

 ※どなたでも閲覧できます。